2014/12/09

DESPATCH 深宇宙へ

DESPATCHの軌道投入から6日が経過しました。
DESPATCHは、宇宙詩の送信を行うPhase2を終え、Phase3に移行したことが受信報告で確認されました。
12/8 22:51(UTC) ポーランドのチームが231万kmからの信号をキャッチしました。
定義上の深宇宙へと到達した記念に、ARTSAT2″DESPATCH”までの距離と、これまでの受信報告をグラフにプロットしました。
Voyage_of_the_ARTSAT2:DESPATCH
Reception Reports
Phase3では、バッテリの温度に応じて符号の長さが変わるビーコンを流し続けます。 受信報告のファイルから、信号の長さを計測したところ、温度は50℃程となり、今までの詩の解読結果からも矛盾はなさそうです。引き続き、20分送信、50分停止というサイクルが続くと思われます。
新たに計算しなおした電池寿命では、12/24付近まで送信し続けると予想されます。 送信機はバッテリに直接接続されているため、終盤は電圧降下によって出力がやや落ちてしまいますが、最後まで動き続けることを期待しています。
アマチュア無線家の報告や、最新の情報については、ぜひFacebookを御覧ください。