ARTSAT
    • ARTSAT:On-Orbit
    • ARTSAT:INTRODUCTION

(日本語) INVADER Engineering Model

作品解説

宇宙という過酷な環境で、自律して稼動することが求められる人工衛星の開発には、「段階的プロジェクト計画」と呼ばれる方法が採られることが多い。この方法では、大まかなプロトタイプをステップ・バイ・ステップで詳細化していくことで、最終的に高い信頼性と安全性を有した衛星を実現する。INVADERの場合は、電気的な整合性を検証するブレッドボードモデル、実際に打ち上げるものと同等で各種の耐久試験などを実施するエンジニアリングモデル、そして実際に打ち上げられるフライトモデルの3つのモデルを開発した。このエンジニアリング・モデルを使って、振動や衝撃、熱や真空などの各種試験を行い、その結果をもとにフライトモデルが設計制作された。


A method known as Phased Project Planning (PPP) is commonly implemented for the development of artificial satellites, required to realize an autonomous system that can operate under the extreme conditions of the space environment. Starting from a rough prototype, the PPP method entails an iterative step-by-step refinement process that enables high levels of reliability and safety. The development of the INVADER consisted of three phases: the bread board model (BBM), for the impedance matching of the system; the engineering model (EM), subjected to various durability tests and the final flight model (FM) for the actual launch. The engineering model, produced with the same design and fabrication method as the flight model, is used to evaluate its performance in launch and orbit environments through vibration, impact, heat, vacuum tests etc. Based on these tests, the final flight model is planned and developed for launch.

写真をみる

ほかの作品を見る