ARTSAT
    • ARTSAT:On-Orbit
    • ARTSAT:INTRODUCTION

作品解説

ARTSAT API(Application Programming Interface, アプリケーション・プログラミング・インタフェース)は、衛星から得られる各種センサー・データやステータス・データを、エンドユーザが利用するアプリケーションに配信したり、衛星を操作する各種コマンドを地上局に受け渡すためのソフトウェア群です。ARTSAT API は芸術衛星「INVADER」に限らず、さまざまな超小型衛星のデータにも適応できるように設計されていて、衛星データの活用の可能性を、アーティストやデザイナー、そして一般の人々にも拡げていくきっかけになることを目指しています。

ARTSAT APIについての詳しい概要 http://artsat.jp/api/
ARTSAT API  http://api.artsat.jp/


The ARTSAT API (Application Programming Interface) is a software package for delivering sensor and status data obtained from satellites to the application used by the end user, and for transferring commands for controlling the satellite to the earth station. Not limited to the "INVADER" art satellite alone, ARTSAT API was designed to be adaptable also to data of various ultra-small satellites, with the aim to promote the expansion of possible usage of satellite data among artists and designers, and also among the general public.

About ARTSAT API http://artsat.jp/api/
ARTSAT API  http://api.artsat.jp/

ほかの作品を見る

  • Temperature Layer
  • Solar Band
  • Radiation Typo
  • Geomagnetic Texture
  • Gyroscope Metaball
  • Simulation
  • Interface
  • ARTSAT API